種類によってガス料金は大きく異なります - ガス料金をもっと安くしませんか
  • 種類によってガス料金は大きく異なります

    毎月のガス料金の請求を確認して、高いと感じることもあります。その際に注意しなければいけないことが、ガスの種類です。ガスの種類には二つあり、都市ガスとプロパンガスです。家で使っているのがどちらかわからないという場合には、外に大きなガスボンベがあるかどうかで判断できます。

    本物のガス料金の情報をご提供しています。

    ガスボンベがある場合にはプロパンガスを利用していることを示しており、都市ガスが行き届かないエリアなどで利用されています。

    火力が大きいため料理屋などで好まれる傾向がありますが、利用するには注意が必要です。

    ガス料金は種類によって単価が違ってきますが、プロパンガスのほうが高額になります。これは自由料金になっており、ガス会社が自由に料金を設定しているためです。
    それによりガス会社ごとの基本料金が異なり、大きな差が出てきます。



    それとは反対に都市ガスは、公共料金となります。


    都市ガスではその地域で供給している都市ガス会社、または自治体のガス局と供給契約を行うことになるため公共料金になる仕組みです。

    ガス料金はこのような仕組みにより、料金に差が出ているので契約する際には気を付ける必要があります。
    プロパンガスを契約する際には持ち家であれば自由に行うことができますが、賃貸物件では決定権は大家にあるので相談しなければいけません。
    都市ガスの自由化によってガス会社を自由に選べるようになっているので、自分に最適なガス会社を選ぶことが大切です。



    そのためにもそれぞれの特徴をしっかりと把握して、比較できるようにしておきましょう。