• お風呂の時に増えやすいガス料金の抑え方

    公共料金である都市ガスならそこまで一か月のガス代はかかりませんが、プロパンガスだと料金が高くつく傾向が見られます。

    真剣にガス料金を利用してみる価値はありますよ。

    一か月だけだとそこまで高くはないように見えますが、これが年間になると7万円以上になる家庭も少なくはありません。
    ガス料金は入浴と調理の時に一気に加算されるので、節約しやすい風呂の習慣に関して見直すことから始めてみましょう。



    ガス料金を節約しながら水道代をカットすることができる方法もあるので、一石二鳥です。
    お風呂に入らないものの、シャワーだけは浴びるという家庭なら、シャワーヘッドに節水用のものに付け替えてみましょう。



    これだけでもお湯の量を減らせます。節水は環境にもいいので、地球のことを考えて行動したい人にもぴったりです。


    お湯を浴槽に溜めている時に、入れ過ぎないように自動でお湯をこれ以上増やさないようにストップしてくれるグッズがあります。

    これを使えば、必要以上にお湯を入れてあふれることも防げるので、自動お湯張り機能がない家庭でもガス料金を上手にカットできるはずです。

    お風呂の温度もガス料金に密接にかかわっています。


    基本的に温度が高ければ高い方が料金が高くなるので、あまり熱いお湯を入れないようにするのがコツです。


    お湯は適度なぬるま湯の方が体への負担が少なく、ゆっくり浸かることで全身が芯から温まるので美容や健康という面から考えてもメリットが大きいのです。


    ガス料金の見直しをきっかけに半身浴を試してみてもいいでしょう。